節約・快適生活

TOTOのウォシュレットのおすすめ機能6選と実際使ってみた感想

toto-washlet2

こんな人に読んでほしい

・温水洗浄便座を買おうと思ってるけど、どのメーカーの温水洗浄便座が良いか迷っている

・TOTOのウォシュレットは何が良いのか知りたい

TOTOのウォシュレットのおすすめ機能6選と実際使ってみた感想

温水洗浄便座がある家に一度住んでしまうと、もう温水洗浄便座なしの生活は考えられない。

あなたもそんなタイプだったりしないでしょうか。

僕もそんなタイプです。

以前は賃貸に備え付けのPanasonicの温水洗浄便座を使っていたんですが、引っ越しの際温水洗浄便座を新しく買おうと思って調べ尽くした結果TOTOのウォシュレットを買いました。

TOTOのウォシュレットを選んだ際に魅力に思ったおすすめ機能と、実際の使用感について紹介したいと思います。

ちなみに僕は最初予算は2万円以内だったんですが、結局買ったモデルは4万円のモデルでした。

KMシリーズのモデルです。

予算より高いモデルを買った理由はやはり欲しい機能があったからです。

大前提として欲しかったのは、「瞬間式であること」「清潔を保ってくれる機能が高いこと」「デザインが良いこと」の3つ。

生活で長く使うものに関しては少し奮発したくはなってしまいますね。

TOTOのおすすめ機能6選

ノズルきれい

水に電気を流し除菌水を作りノズルに流し、目に見えない汚れや菌を分解・除菌するというもの。

時間がたつと水に戻るとのことです。

キレイが長持ちする上に、環境にも優しいステキな機能ですね。

温水洗浄便座はノズルの汚れが1番気になるので、僕の中ではこの機能が特に欲しかった機能です。

クリーン樹脂

便座とノズルとケースが防汚効果の高いクリーン樹脂で作られています。

汚れをはじいてくれるので、汚れた場合もサッとひとふきでお手入れ出来るとのことです。

汚れが落ちやすいのも非常に魅力ですね。

プレミスト

自動で便器にミストをを吹きつけて水のクッションを作ることで、汚れをつきにくく、落としやすくする技術です。

斜め吐水

おしりを洗った後の汚れたお湯がノズルにかかりにくい設計になっています。

これも非常に大事ですね。

オートパワー脱臭

使用後に自動で通常の脱臭から、吸い込み量2倍のパワー脱臭に切り替わり、ニオイを強力に脱臭してくれます。

ニオイが残るのは嫌なのでこれも重要な機能です。

おまかせ節電・スーパーおまかせ節電

「おまかせ節電」はトイレの使用頻度を記憶して、普段あまり使用しない時間帯は便座の温度を自動的に下げて節電してくれる機能。

「スーパーおまかせ機能」はトイレの使用頻度を記憶して、まったく使用しない時間帯は便座のヒーターを自動的に切り節電してくれる機能です。

節電機能が選べるのも良いですね。

実際に使ってみた感想

デザインが良い

まずデザインが良かったです。

全体的なフォルムといい、清潔を保ってくれそうな質感といい、見やすくてわかりやすいリモコンといい、さすがTOTOといった感じでとても気に入りました。

僕の買ったモデルはリモコンが独立しているタイプだったのですが、トイレットペーパーホルダーと壁の間に取り付けるTOTO製品用のリモコン取付プレートを買うことにより、壁に穴を空けずにリモコンも設置出来ました。

プレミストのおかげで汚れが付かない

これは感動しますね。

トイレに座るとプシュッと音がしてミストが出るのですが、このミストのおかげで本当に汚れが滅多に付かず、掃除の手間も減っています

脱臭効果が高い

これも感動したポイントです。

以前使っていた温水洗浄便座では消臭効果はあまりなかった様で、消臭スプレーを使っていたんですが、今回買ったTOTOのウォシュレットを使う様になって、消臭スプレーを使うことがなくなりました

消臭スプレーもそこそこコストがかかるので、この分お金が浮いたのは非常に大きいです。

僕が現時点の体感として特に感動したのは以上の3点ですが、使っていくうちに気付くポイントや、人によってはもっと感動するポイントが多かったりはするかもしれません。

ウォシュレットの取付について

ウォシュレットの購入にあたり、取付けは自分で出来るのか気になる方もいるのではないでしょうか。

僕が自分で取付けをしてみた所感では、きちんと説明書通りに行えばすごく苦労するということはないと思います。

パッキンをきちんと取り替えるとかもしっかり行うこと。(僕はここで手をぬいて元々付いてたウォシュレットに使われていたパッキンをそのまま使って失敗しました)

以上いかがでしたでしょうか。

個人的には買って良かったと思える買い物でした。

参考にしてもらえたら嬉しいです。