お金を稼ぐ

プログラミングのおすすめ勉強方法、独学かスクールか?

programming-study2

こんな人に読んでほしい

考え中

「プログラミングを勉強してみたいけど、どうやって勉強したら良いんだろう。プログラマーになるには独学とスクールどちらが良いんだろう。」


プログラミングを始める時、「勉強はどう行ったら良いか?」悩みますよね。「独学で習得できるのか?」も気になる人が多いです。結論、プログラミングの独学での習得自体は可能です。ただし、注意点もあります。

この記事ではプログラミングの勉強方法を、注意点とあわせて紹介します。これを読むことによって、あなたにあった勉強方法を見つけることができるでしょう。

お役立ていただけたら嬉しいです。

■本記事のテーマ

プログラミングのおすすめ勉強方法、独学かスクールか?

独学だけでプログラマーにはなれるか?

独学だけでプログラマーとして働くことは可能です。実際に僕も全くの未経験から、独学だけでプログラマーとして転職をした経験があるので、自信を持って可能であると言えます。

ただし独学だけでプログラマーを目指す場合は、注意点が主に2つあります。

1、独学は向き不向きがある。

2、独学だけでは実際の開発現場で行う業務内容が想像すらできない。

1、の向き不向きを予め判断するのは非常に重要です。向いていない勉強方法を選択してしまうと、挫折率が非常に高くなってしまうからです

独学を行うか、スクールで習うか、あなたの性格にあった勉強方法を選択しましょう。

2、の実際の開発現場で行う業務内容については、僕も実際に初めて開発の業務を行った時に、全く想像できてなかったなと感じました

本屋などで「実際の開発現場の業務」に関して詳しく書いた本などは見たことがありません。スクール等であれば、そういった実践的な内容を教えてくれるところもあるでしょう。

ここからはプログラミングの「独学」と「スクール」について、それぞれ紹介するので、ぜひ最後まで見てみていただければと思います。

独学が向いている人、スクールで習う(人に習う)のが向いている人と、それぞれのメリット

あなたの性格はどちらに向いているでしょうか?あらためてあなた自身の性格と照らし合わせて見てみましょう。

独学のメリットと向いている人

独学向きの人は以下の特徴があるでしょう。

・淡々と勉強することが苦にならない

・自分でモチベーションを維持できる

・探究心があり、何でも自分で調べようとする

そして独学のメリットは「お金があまりかからないこと」と「最新の技術をいち早く学べること」です。

プログラミングはどんどん新しい技術が出るため、独学ができる人は自ら進んで勉強することで、常に人より早く最新技術が学べます。

人に習うメリットと向いている人

人に習うのに向いている人は以下の特徴があるでしょう。

・1人だとなぜか勉強する気力が出ない

・人にたくさん質問をして覚えたい

・自分で色々調べながら覚えるのは苦手

・経験者から効率良く学びたい人

人に習うことのメリットは「モチベーションが維持しやすいこと」「わからないことを聞くことができる」「経験者の作ったカリキュラムなので安心して勉強できる」「自分では気付かないことまで教えてもらえる」「効率が良い」など色々とあります。

こういったメリットと、かかるお金とのバランスを見て、メリットが上回るかどうかがポイントになるでしょう。

独学でのプログラミング勉強方法

独学で勉強を行う場合、まずは何を使って勉強を行うかと、そのメリットや特徴について知って、その上であなたにあった勉強方法を選んで学習していきましょう。

参考書

・体型立てて学ぶことに向いている。

・他の勉強方法より細かく詳しく学べることがほとんど。

参考書は情報が細かく、自分でインターネット検索で調べるなどでは気付けないことまで勉強ができるのがメリットです。

その反面、実際にはあまり利用することがない知識まで勉強することになり、時間がかかってしまう可能性があるのはデメリットになるでしょう。

インターネット検索

・ピンポイントに自分のわからない知識を補填するのに向いている。

・無料で知識が得られる。

インターネット検索は、参考書の様に体型立てて学ぶことには向いていませんが、色々な人が色々な言い回しで説明をしてくれているので、1つのページで理解ができなかったとしても、他のページを見て理解ができるということもよくあるでしょう。

そして、実際にプログラミングを行っていくと次々にわからないことが現れるので、プログラマーのスキルの高さはこの検索スキルの高さと比例するとまで言われています

動画

・音声と映像での説明のため、理解がしやすい。

・実践的な内容を効率良く学ぶことができる

参考書ほど細かくは説明されないことが多いですが、体型立てて学べるものも多く、実際に利用する頻度が高いものだけに厳選されていることが多いです。

また、動画は一定の速度で流れていくので、参考書を読む時に文字を読むのが遅い人には特に大きなメリットになるでしょう。

最近ではYouTubeでも学習できるコンテンツが増えているので、YouTubeで勉強を始めてみるのもおすすめです。

動画コンテンツを販売しているサービスもあります。「Udemy 」というサービスでは、興味のある講座を探して購入できるので非常におすすめです。

Udemyはよくセールを行っており、80%オフや90%オフなんていうのもよくあるので、そういった機会に購入してぜひお得に勉強しましょう。

プログラミング学習サイト

・実行環境(開発環境)を用意する必要がないサービスで手軽に学べる。

プログラミングは利用するプログラミング言語ごとに実行環境(開発環境)を用意する必要があります。言語によっては初心者が自分で環境を用意するには難易度が高い言語もあります。

プログラミング学習サイトで学習するメリットは、そういった環境を用意する手間を省いてすぐに学習を始められることです。これはとても大きなメリットと言えることでしょう。

まずは人気の「Progate」でプログラミングに触れてみるのがおすすめです。Progateは無料でも利用できるコースがあるので、まずはコードを書いてみるというのには最適なサービスです。

チュートリアル

・1番最新で正確な情報が手に入る。

・難易度が1番高い

プログラミング言語などを開発している団体が公式のチュートリアルを出しているので、それを見ながら学習を進めることもできます。

ただこの方法は難易度が1番高いです。あらかじめある程度のリテラシーが必要であったり、参考書以上に細かい内容が書いてあるため、理解するのは容易ではありません。

ある程度リテラシーがある人や、理解力が高い人や、プログラミングにハマりもっと深い知識を得たいというレベルの高い人に向いている勉強方法と言えるでしょう。

おすすめの独学勉強方法

おすすめは、できるだけ「動画」を利用して勉強すること。理由としては一番効率がよく感じるからです。

加えて理解が厳しい部分はインターネット検索を使って、理解できるまで色々な記事を見てみることも行うと良いでしょう。

そして、目指す方向にもよりますが、もし未経験から転職してプログラマーになりたいという場合は、資格の取得もおすすめです。

たとえば、日本では1番需要の高いJavaの認定資格を取得することで、プログラミングに関する基礎知識を有していることや、学習意欲があることをアピールでき、転職や就職に有利に働きます

そして、会社によってはJavaの認定資格を取得してからでないと、開発の仕事に就くことができない会社も存在します。(僕が未経験で転職した先の会社もそうでした。)

Java Silverという資格であれば、早い人であれば1〜3ヶ月ほどで取得できてしまいます。また、もし資格取得を行う場合は、参考書や問題集で勉強するのが最も適しています。

おすすめのプログラミングスクール

プログラミングスクールは基本的に費用がかかりますが、最も効率的に勉強ができるでしょう。転職までサポートしてくれるところも多く、自分で転職活動を行うより転職率が高くなることもメリットです

最近では自宅で習うことができるスクールがほとんどというのもありがたいことですね。

また、20代のプログラミング未経験の転職希望者を対象に、無料で習うことができるスクールも存在します

特徴や価格を比較してあなたが1番良さそうだと思うものを選択していただければと思います。無料体験や無料相談などがあるところが多いので、複数のサービスを試してみるのも良いですね。

転職希望の20代までであれば無料で学べるスクール

GEEK JOB

「転職成功率97.8%」「ほぼ全員プログラム未経験者」というのが特徴の、第二新卒/フリーターに向けた、無料のプログラミング学習&就職支援サービスです。

現役プログラマー、インフラエンジニアからの個別指導&質問し放題で、実際の開発と近い経験と環境の中で学習できるというのは魅力的です。

学べる内容はプログラミングコースでは、PHP/Java/Rubyのいずれかで、全てオンラインで学習できます。

オンライン無料カウンセリングで「適職診断」「カリキュラム体験」もできるので、活用してみるのも良いと思います。

さらに詳しく見る→GEEK JOB

ProgrammerCollege(プログラマカレッジ)

「就職率96.2%」「Java Silverの資格取得費用をスクールが負担」というのが特徴の、未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料のプログラミングスクールです。

元々は対面の授業に力を入れているサービスですが、現在はコロナの感染対策のため、一時的に通学コースを停止しオンライン運営へ切り替えています。

このスクールの特にすごいところは「Java Silverの資格取得費用をスクールが負担」というところですね。Java Silverの資格を受験するのは3万円ほどかかるので、その部分を負担してくれるというのは本当に驚きです。

学べる内容は
●コンピューター基礎 ●アルゴリズム ●Java、PHP(サーバーサイド、画面サイド)プログラミング ●HTML、CSS ●ウォーターフォールとアジャイル開発 ●フレームワーク(Struts、Smarty) ●データベース(PostgreSQL、MySQL) ●テストツール(JUnit) ●Linux、Apache ●仕様書、設計書の読み方 ●テスト項目の作り方など ●実践(ECサイト開発など)

構文解説などのインプット型授業はテキストや動画学習を個々で進め、写経・課題・開発などのアウトプット型授業では、講師が常に質問に回答できるように待機していて、理解できるまでマンツーマンでとことん質問が可能。

0からECサイトを制作する実践型の勉強ができ、2~3ヵ月のプログラミング研修期間を経て、就職活動までサポートしてくれます。

さらに詳しく見る→ProgrammerCollege

おすすめのプログラミングスクール

色々なプログラミングスクールを見る中で、内容や料金面からおすすめできるプログラミングスクールを紹介します。

カード会社などの金利が発生する様ですが、分割支払いも可能です。

CodeCamp(コードキャンプ)

実績No.1のオンライン・プログラミングスクール(受講者20,000名以上)。

マンツーマンのスクールなので自分のペースで確実に習得できる上、オンラインで365日/7時〜24時迄、時間と場所を選ばずに学習できるという、非常にありがたいサービスです。

未経験者にも優しいカリキュラムと、経験豊富なエンジニア講師によるどこよりも手厚い個別指導が強みです。

学べる内容
「Webマスターコース」では、パソコンやスマートフォンから利用できるWebサイト作成に必要な知識とプログラミング言語を習得できます。

HTML、CSS、JavaScript、jQuery、PHP、Laravelを使いインターネット掲示板やオンラインショッピングサイトをはじめログインや検索機能のあるサービスが作れるようになります。

料金はプランが3つあり、「2ヶ月プラン」が165,000円、「4ヶ月プラン」が275,000円、「6ヶ月プラン」が330,000円、プラスでどのプランも共通で「入学金」が33,000円、全て税込です。

月に受けられる回数が決まっていて、1レッスンあたり5,500円〜8,250円といった感じですね。

無料体験レッスンのアンケート回答で1万円割引クーポンプレゼントもある様なので、気になる方は受けてみるのも良いと思います。

さらに詳しく見る→CodeCamp

TechAcademy(テックアカデミー)

通過率10%を突破した、技術力とコミュニケーション力に長けた現役エンジニアから学べるプログラミングスクールです。

オンラインでマンツーマンでサポートを受けられます。豊富なコースからあなたの望むスキルを学ぶことができます。

学べる内容は
・Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)
・PHP/Laravelコース
・Javaコース
・Pythonコース
・フロントエンドコース

・WordPressコース
・iPhoneアプリコース
・Androidアプリコース
・Unityコース
・AIコース
・データサイエンスコース
など。

料金はプランによって異なりますが、一番安いプランで174,900円(税込)でサービス受けることが可能です。

「全コース受講し放題」のコースや、フリーランスを目指すためのコースや、副業でプログラミングを行い人向けのコースもあり、種類がとても豊富なのは嬉しいですね。

さらに詳しく見る→TechAcademy

いかがでしたでしょうか。

プログラミングを習得するのは、簡単というわけではないですが、国家資格を取る様な勉強と比べるとハードルは低めで、しかも人によって楽しんで出来ることかと思います。

この記事を読んだことで、あなたが自分に向いている勉強方法を見つけることができたら嬉しく思います。