食事改善

食べ物で炎症を起こす『全身性金属アレルギー』とは

metal-allergy

こんな人に読んでほしい

・突然身体に炎症が起きて困っている

・炎症が起きる原因について皮膚科に相談しても原因がわからない

食べ物で炎症を起こす『全身性金属アレルギー』とは

通常金属アレルギーといえば、ピアスや指輪やネックレス等の接触性の金属アレルギーだと思いますが、『全身性金属アレルギー』は食べ物に含まれる金属によって金属アレルギーの症状が出るものです。

僕も意外だったのですが、食べ物も成分の中に金属を含んでいます。

僕がずっと悩んでいた症状について

僕がずっと悩んでいた症状として、わりと頻繁に手足の指や足の裏が突然炎症を起こし腫れて痛くなるというものがありました。

色々な病院で診てもらいましたし、個人的にも漢方や色々なサプリメントを試したりもしていましたが改善せず、ずっと悩んでいた症状です。

全身性金属アレルギーは僕も聞いたことがなかったので、この答えにたどりつくのに本当に長い年月がかかりました。

具体的に食べ物に含まれる金属とは

たとえば、金属アレルギーの原因の多くとして知られるニッケル。

ニッケルは色々な食べ物に入っていますが、特に多いのがナッツや大豆製品やチョコレート等です。

飲み物でも、茶葉に多く含まれる様です。

とても残念なことに大豆製品といえば、醤油や味噌や豆腐や納豆も含まれますよね。

これらの摂取を控えるとなると、どれだけ多くの料理を控えることになるか、考えるだけで恐ろしいですね。

もちろんニッケル以外の金属でもおこりえる症状なので、食べ物に含まれる金属について調べる必要があります。

僕が全身性金属アレルギーに気づいた経緯

僕がこの全身性金属アレルギーに気づいたのは、ベジタリアンやヴィーガン食等を試している時でした。

肉が血管内の炎症の原因になったりするというのは、知識としてありましたが、ヴィーガン食等をしている時も炎症が全く治まらない。

その時食事と炎症について調べていくうちにたどり着いたのが全身性金属アレルギーでした。

ベジタリアンやヴィーガン食を試している時は、特にナッツや豆腐や納豆をたくさん食べていたんです。

そして全身性金属アレルギーというものがあることを知り、ナッツ、豆腐、納豆を全く食べない様にしたところ、炎症がおきなくなりました。

プラスして今は醤油や味噌、大好きなチョコレートも控える様にしています。

玄米にもニッケルは少し多めに含まれる様なので、症状が出ている時は白米に変えたりもしています。

ですが、食べられるものが少ないというのはやはり寂しいものがありますね。

今は一旦可能な限りニッケルを控えた状態なので、ここから少しずつ避けていた食べ物を取り入れ、どの程度なら食べても問題ないか、試していこうと思います。

全身性金属アレルギーについて考えること

これは全身性金属アレルギーだけではなく思うことなんですが、医者でも特定しにくい病気等はきっとたくさんありますよね。

身体のことだけではなく心の病もあると思います。

その中でも海外ではよく知られていることが、日本ではあまり情報がなかったり。

こういった情報はどんどん広めて、病気に苦しんでいる人を減らしていきたいですね。

このブログを始めたきっかけもそういった情報発信が目的でしたし、今はSNS等も盛んで情報の伝達がしやすい時代になっているので、そういった人との繋がりを使い、広めていきたいと思います。

今回書いたこの全身性金属アレルギーも、しばらく食事を変えてみて様子を見てみる、ということで自身で検証が出来るので、僕と同じように炎症に苦しんでいる人にはぜひ試していただきたいです。

この記事が役に立つことが出来たら幸いです。