節約・快適生活

洗い物の面倒は食洗機で解消しましょう

dishwasher

こんな人に読んでほしい

・洗い物が嫌いですごく面倒

・食洗機には興味があるけど値段ほどの価値があるのか不安

・食洗機のメリットとデメリットを知りたい

洗い物の面倒は食洗機で解消しましょう

洗い物が嫌いという人はかなり多いですよね。

僕も洗い物はやはり面倒だなぁーとか、時間がもったいないなぁーとか考えてしまうタイプです。

そして、ずっと欲しかった食洗機を購入して1年以上経過したので、感想を書こうと思います。

結果から言いますと、買って良かったですし、もう手放せないです。

実際の使い方

  1. 特別汚れているものは水で軽く流す
  2. 食洗機に洗剤を入れる
  3. 食器を良い感じにつめる
  4. スイッチオン

以上です。

洗い、すすぎ、乾燥まで1時間半程放置すれば全て食洗機が行ってくれます。

※機種によっては乾燥機能はついていません

めちゃくちゃ楽です。

食洗機の素晴らしい点

・手洗いで食器を洗うよりキレイになる

・節水、節ガスで生活費が安くなる

・自由な時間が増える

それぞれもう少し詳しく

手洗いで食器を洗うよりキレイになる

これは透明なガラスのコップ等を見るとわかりやすいのですが、手洗いの時より食洗機で洗った方が曇りがなく、透明感があります

節水、節ガスで生活費が安くなる

特に節水については手洗いの約1/4〜1/6程度の水で洗えるとのことです。

ガスではなく電気を使うことになりますが、その料金もガス料金より安くなり、洗剤の費用も食洗機の方が1回分の費用は安い様です。

自由な時間が増える

時間が増えるって本当にありがたいですね。

たとえ1日10分でも短縮出来たら、1週間では1時間以上、1年では2日以上に相当するのではないでしょうか。

食洗機購入前に知っておいた方が良いこと

・食洗機を置くスペースが必要

・分岐水栓が必要

・音はそこそこ大きい

・食洗機では洗えないものもある

これももう少し詳しく

食洗機を置くスペースが必要

当たり前のことながら食洗機分の設置スペースが必要になります。

食洗機はそれなりに大きいので、キッチンにスペースを作るというのはなかなか大変かもしれません。

僕も食洗機を買った後の引っ越しの家選びは、キッチンのまわりの広さをかなり重視しました。

台などを設置してその上に置くのが良いかもしれません。

食洗機購入の際はしっかりと家のスペースを測って、置くイメージをしっかりつけておきましょう。

分岐水栓が必要

キッチンの水道を食洗機用に分岐させるため、分岐水栓が必要になります。

家によっては既に付いている場合もありますが、無い場合は購入する必要があり、これがなかなか高価で、僕が買った時は1万円ほどしました。

そして設置や取り外しの際、自分で行うと苦労する場合があります。(パイプレンチが無いと外せない等)

音はそこそこ大きい

乾燥時は問題ないと思いますが、洗浄やすすぎの音はそこそこ大きいです。

寝室とキッチンが近い場合、音に敏感な人は寝づらいかもしれません

食洗機では洗えないものもある

サイズ的に庫内に収まらないので洗えない、ということはもちろんですが、素材として洗えないものもあります。

食洗機は高熱で洗浄するため、例えば木製の食器等は割れたり変形したりしてしまいますし、プラスチック製品も変形したりしてしまいます。

なので、食洗機を買って以降の食器等の購入は、必ず食洗機対応と書いてあるものを購入する様になると思います。

例えばガラス製品なんかは食洗機で洗えて、汚れ落ちも良いのでおすすめです。

といった感じで購入時や使いはじめは気をつけなくてはいけないことも多いですが、それでもやはりメリットの方が多く、上記が問題なさそうであれば、是非購入をおすすめします

ちなみに僕が購入したのはPanasonicの「NP-TZ100-W」という製品です。

庫内容量が多く細かいパーツ等が入れられる「ちょこっとホルダー」というのが付いているのが魅力で買いました。

デザインもキレイで満足です。

今は更に後継も出ていますし、他にも色々な機種があるので是非見てみてください。